本文へ移動

スタッフインタビュー

医療・福祉・介護用品の総合プランナーとして、今まさに株式会社舟木義肢というステージで活躍しているベテランから若手スタッフまでの生の声をお届けします。仕事内容や魅力、やりがいなど語ってもらいました。

要介護者や障がいを持つ方々のみならず、介護者やご家族の笑顔が私の原動力です。

福祉用具専門相談員/経験年数10年以上
 
江並支店(ハンズケア事業部)部長
 
 
Q.今の仕事のやりがいは何ですか?
入社してから在宅営業一筋で楽しく仕事をしています。
福祉用具を必要とされている方々の生活でお困りの状況は千差万別です。
そのような中でご利用者さまのご要望にぴったりの福祉用具を提案できるよう日々頑張っていますが、「ありがとう。お陰で以前より楽になったよ。」と言っていただいたり、介護をされる方からも「ありがとう。お陰で本人がやる気が出てきて笑顔も増えました。」と、お声をかけていただく時が最高にうれしい瞬間です。
もちろん大変なこともありますが、お客様から感謝の気持ちを受けることが出来る、介護の現場を側面からサポートするこの仕事を誇らしく思っています。
 
Q.どのようなスキルが身に付く職場ですか?
高齢化社会において介護のニーズは増える一方ですが、やはり現場でひとつひとつ経験を積むことがスキルアップでは欠かせません。
高齢者と介護,医療に関する知識や、福祉用具に関する知識,技術や、それらに係るサービスとその利用支援などの知識や技術のスキルが少しずつ身につきますが、日常生活を送る高齢者の心と体を理解する総合的な力が身につくことが何と言っても一番大きな点ではないかと思います。
要介護支援は私たち自身もいつかは身近な問題として直面する可能性があります。仕事を通して身につけたスキルは、いつかはプライベートでも役立つことになるかもしれません。
 
Q.仕事をするうえで、大切に思っていることは何ですか?
担当するお客さま(エリア・在宅・施設など)が予め決まっているので飛び込み営業などはありませんが、お客さま(ご利用者さま)のご要望にお応えすることは、指示された業務をこなすだけでは成立しません。
福祉用具も毎年新製品が市場投入されるので、常に新しい商品に関する勉強をしておくことも重要ですし、納入したご注文の商品が快適に使っていただけているかといった点にも注意を払う必要があります。
意欲をもって学び続ける姿勢と、常に感謝の気持ちを忘れず利他の心で行動できるように心がけることが大切だと考えています。
 

新人ですから毎日が勉強の連続です。

 期待のフレッシュ義肢装具士です!
舟木義肢 本社営業/新人義肢装具士
 
失敗を恐れずチャレンジさせてくれる会社です。
株式会社舟木義肢に今年入社したばかりです。
入社直後は右も左も分からない状態で非常に不安でしたが、毎日上司や先輩達が丁寧に教えてくださり、今ではとても楽しく充実した毎日を過ごせています。
 
Q.お仕事の内容を教えてください
入社したての義肢装具士ですので、今はまだ先輩や社長の病院営業に同行させて頂いています。
一日も早く営業先の病院をひとりで担当させて頂けるように、今は学生時代では経験できなかったリアル現場で日々勉強の連続です。
 
Q.このお仕事を選んだ理由や動機は何ですか?
子供の頃から物作りが得意だったのですが 人と話すことも好きで、高校時代の後半に進学や就職のことを考えて色々調べていたら、人の役に立ったり人から感謝されたりする仕事で しかも物作りと営業的な側面も併せ持つ義肢装具士という仕事を知りました。
義肢装具士になる為の勉強ができる学校への進学は、いくつかある学校の中から北海道にある学校を選びました。理由は北海道ならバイクのツーリングにもってこいの素敵な道や場所がたくさんあるだろうと思ったからです。「親元を離れて4年間、義肢装具士になる為に北海道に行って勉強してきます!」と言った以上、もうこの仕事に就くしかありませんでしたから。(笑)
 
Q.お仕事を通じて得られたものや、心に残るエピソード・思い出などはありますか?
そういったエピソードは、この先何年も経験を積んでいく中で出来てくるものだと思いますが、先輩方に同行して行く病院で、患者さんが喜ぶ笑顔やお礼の言葉を先輩方に返されるのを見ていると、いつそんな日が私にもやってくるのかな…と想像する楽しみが一つ増えました。
先日も、義足が初めての患者さんへの納品で先輩に同行した時に、(その患者さんは殆ど喋らず笑顔もない感じでしたが)義足を装着して病院のリハビリ室を試しに少し歩いてみたのですが、先輩からの「ちょっと休憩しましょうか」の問いかけを振り切って、ご自分が納得のいくまでしばらく歩き続けておられました。待望の義足だったのか、不安でいっぱいのリハビリ生活のスタートだったのか患者さんにとってはきっと複雑なお気持ちだったと思うのですが、その時の患者さんの背中を見ていると「これでまた頑張れる・・・」と言っておられるように思えましたし、私も心の中で「ご無理をなさらないで頑張ってください」と患者さんを応援したい気持ちでいっぱいになりました。
 
Q.休日の過ごし方を教えてください
バイクでのツーリングが趣味なので、学生の頃はツーリングで日本各地を旅してまわりました。この前のゴールデンウイークは遠出ができませんでしたが、休日はバイクの整備に費やしていて、気が付くと夕方になっています。
でも週末にバイクいじりに没頭していると、月曜日からまた新たな気持ちでスタートを切れるので、私にとってはリフレッシュのためのルーティーンです。
 

ある意味、私も新米なので頑張ってます!

1歳と3歳の息子を持つ新米パパです!
ハンズケア事業部/担当営業
(←ご本人のご意向で「顔写真はちょっと恥ずかしいので…」ということでしたので、お顔をアートっぽく表現してみました by HP管理者)
 
Q.お仕事で気をつけている点は何ですか?
担当するお客様に対して、相談業務から始まって福祉用具の申請・納品・メンテナンスまでを全て一人で行うので、これらの積み重ねがお客様の日常生活の中でのお困りごと・ご要望に対してお応えするスキルアップにつながっているのを日々実感しています。
そういった様々なケースに遭遇しているうちに気付くのは、カタログに載っている多種多様な福祉用具のスペックを知っているだけでは、お客様に最適なご提案は出来ないという事です。
時にはお客様のご要望に出来る限り近い商品をご提案することが最も重要な場合もありますが、お客様がご要望される元々の理由に遡って、お客様のご要望される更に一歩先を見据えたご提案が出来る場合もあります。
そのためにも、お客様やケアマネージャー様に直接お話をお伺いする会話の中から、些細なことも見落とさない、聞き逃さないようにいつも注意を怠らないようにすることを心がけています。
 
Q.どんな職場ですか?
社内では上司や先輩・後輩とも情報共有がしやすい環境のおかげで、コミュニケーションにおいても相談事やアドバイスが聞きやすいために、大変な案件も一人で抱え込むこともなく、チームで支え合いながら仕事ができていると思います。きっと他の営業マンも同じように感じているのではないかと思いますし、そのあたりが職場の特徴であり、自分が好きな会社の一面ではないかと思います。
また職場のそういった雰囲気が、お客様に喜んで頂ける提案を考えて形にしていくことに対してもプラスになっていると思います。そうやってご提案させて頂いた内容が、購入であれ レンタルであれ 新たに福祉用具を導入して頂くことにより、お客様やご家族の笑顔やお喜びの声という形で自分に返ってきた時には、私自身も大変うれしい気持ちになれますし、また頑張ろうと力が湧いてきます。
 
Q.モチベーションを維持するコツは何ですか?
人それぞれだと思いますが私の場合は、仕事が終わって帰宅してからの、息子たちのお世話がそれに当たるのではないかと思います。もうすぐ一歳と三歳になる息子がいるのですが、自分からオムツ替えや入浴など楽しんでやってます。子供が生まれる前は趣味のダーツに没頭する時間なども少しはあったのですが、今はとにかく息子たちに一生懸命ですし、そのおかげで自分も癒されますし気分をリセットすることもできるので、お世話してるのか お世話されてるのか怪しいものですが、新米パパ奮闘中で、とにかく家族に感謝です!!
 
 
TOPへ戻る