本文へ移動

お知らせと新着情報

お知らせ と 新着情報

臨床実習生が現場研修に来られました。
2021-03-15
    Withコロナ、マスク姿で失礼します。
広島国際大学の総合リハビリテーション学部義肢装具学専攻3年生の学生さんが3週間のスケジュールで現場研修に来られました。
新型コロナ感染拡大防止の観点から、実習開始日の2週間前に、舟木義肢のある岡山の学生さんのご実家に入って頂き、不要不急の外出を控えて、2週間待機して頂いたうえでの実習でしたので、何かとご不便をおかけしたのではないかと思います。
また、実際に病院へ出向いて、ドクターや患者様と対面して仕事をする義肢装具士に同行する実習が一切出来なかったので、仕方がないご時世とは言え、会社としてはその点申し訳なかったと思っています。
実習生ご本人からは
「見学させて頂き、仕事の大変さや楽しさについて現役の義肢装具士の皆さんからお話しをお伺いできたので、この仕事を『将来像』ではなく『現実』的に身近に感じることが出来ました。 また、理解できていないことや知らないこともたくさん分かって、改めて勉強の大切さを痛感しました。 と同時に、責任や不安も感じましたが、なにより、これからの自分自身のあり方を見直すきっかけにもなり、本当に充実した3週間の実習となりました。 

2年後には自分もこの職業に就いて仕事をすることが出来る様にこれからも努力していきたいと思います。」

とお話ししてくださいました。
短い研修期間でしたが、進級・卒業、就職に向けて頑張って頂きたいと思います。
TOPへ戻る